例を用いて実践するダイレクトメール検証方法

ダイレクトメールは、ハガキや封書、Fax、電子メールなどさまざまな形があります。電子メール形式のものは、パソコンや携帯電話などに送られますので、それらも含めると、毎日かなりの数が送られていることになります。実際に、その効果はどうなのかが気になるところです。企業にとっては、販売促進の手段となりますが、新規の顧客に対するものと既存の顧客に対するものとは送る内容が違ってきます。新規の顧客に対しては、自社の製品の宣伝やアピールなどとなりますし、既存の顧客に対しては、新商品の発売告知や現在愛用している商品の追加購入の提案などになります。自社の商品を購入した人であっても、それを気に入ってくれているかどうかで反応も違ってきます。そのため、の文言は、顧客に応じた工夫が必要となります。

実際の効果はどれくらいあるものなのか

ダイレクトメールを送る目的は、自社の製品の良さを理解してもらい、購入意欲をかき立てることです。そのため、宣伝の仕方にも工夫が必要です。たとえば、キャンペーンの告知、まとめ買いのおすすめ、定期購入のおすすめなどです。これらのお知らせを定期的に送ることができます。定期的に送ることによって印象付けをし、自社の商品についてアピールを行うことができます。届いたお知らせは、開封して貰わなければ意味がありません。実際に、届いたお知らせを開く人は78%ほどです。その中で、インターネットで検索したり、購入や問い合わせをしたり、話題にしたり来店した人は16%ほどです。宣伝効果としては、意外に高いと言えるのではないでしょうか。ただし、お知らせの作成や発送などの手間やコストと比べて発送数を計算する必要があります。

実際に読んでもらえるための工夫

まず、ダイレクトメールを送ったのなら、開封してもらわなければ意味がありません。そのための工夫を封筒に行う必要があります。開封率を上げるためには、人目を惹く工夫を行うのがおすすめです。たとえば、中にプレゼントが入っていることを記載していたり、このお知らせが届いた人だけの特典が用意されていると書かれていたり、名前入りのメッセージを同封したり、窓つきの封筒にすることで、中身を開けたくなるようにさせる、などの方法があります。また、送付した後そのままにするのではなく、フォローを行うのが大切です。電話などで連絡を取って、相手の反応を見るのが1つの方法です。封筒を送ったことを今一度顧客に気付いてもらうこと、もし見ていなかった場合は封筒が送られていたという事実を再確認してもらうことができます。