初心者でも簡単にできるダイレクトメール判別のコツとは

チラシ広告や新聞の折り込み広告は多くの一般大衆を目的とした広告・宣伝の方法としてよく知られています。しかしこれに要する制作費用がかかるもののその内容に関心がない場合は読まれずにゴミ箱に直行する場合も多いとされています。この大きな原因としてターゲット層が絞られていないことが考えられます。そこでこれらの面が改善されて作られたのがダイレクトメール(DM)という方法です。これまでの顧客の購買履歴から商品や興味の傾向、嗜好、性別や年齢層などのデータが収集され、これを基に商品やサービス内容のカタログが作成されるもので、主として郵送や郵便受けに投函する方法がとられる宣伝手法のことを言います。そして特徴としては一旦、見込み客に直接手に取って見られるという点があげられます。

特徴としてはどういうところがあるのか

ダイレクトメールはこのようにターゲット層を絞って郵便物として届けられるために、その内容に興味ある人に読まれる率、つまり反応率が高いとされています。制作費用はかかるものの問い合わせ電話があったり購入者が増えると売上も伸びてこれらの費用も回収できることになり、利用者も多いとされています。しかし最近ではインターネットの利用者も増加し、これらの媒体はゴミの量の増加と共に個人情報保護の機運も高まり廃棄時の情報漏洩も問題になって来ています。このような状況もあって顧客の中にもこの方法を嫌う風潮も見られるようになって来ています。これに応えたものが電子メールによるDMでこれを作成する側でもソフトを使って作成でき、郵便料金も不要ということで次第にこの方向へ移って来ているようです。

電子メールによる方法とはどういうものか

電子メールによる方法は印刷代もかからず、これまでの顧客リストのデータを分析してそのターゲット層が掴めたら無料の同時配信で多くの人々に送付することが出来ます。原稿の修正も簡単に行え、数秒という速さで着くので急ぎの場合も速効性があるとされています。そして反応率はこれらを集計できるソフトを使えばすぐに確認できるというメリットを持っています。ただ昨今ではスパムメールと呼ばれる迷惑メールや、ウィルスが配布されるようなメールも届くような時代になって来ているために無暗にこれを開くのは危険とされています。セキュリティソフトでもってこれらの対策をとり、迷惑メールと安全な内容のメールを振り分ける設定を行っておく必要があります。初心者でもメール内容によっては怪しいメールかダイレクトメールなのかの判断はタイトルや件名などでこれまでの経験から判別はつくものと思われます。