怪しいダイレクトメールの特徴と注意点

ダイレクトメールによって新しい情報を手に入れることができ、知りたいことをいち早く察知することができます。しかし、自分が登録した覚えのない迷惑メールもダイレクト形式で届けられることがあるので、内容をよくチェックして分類しなければなりません。迷惑メールの場合は、新しい情報ではなく、誘惑や勧誘文句が多く、騙しが多いので注意しましょう。登録した覚えがないにも関わらず騙される人が多く、『もしかして』と期待させる文句が含まれています。これは、受信者を誘導するためのものであり、お金を支払わせることを目的としているので、良いことが起こるわけではありません。だから、そういう文句があれば、必ず疑いをかけ、無視するようにしましょう。心掛けておけば問題は起きないので、受信メールは日頃から注意することが大切です。

ダイレクトメールの怪しい謳い文句

怪しいメールの特徴として、必ずお金に関わる内容が含まれています。『今すぐ登録すれば○○円手に入る。』や『これで高額支給される。』、『投資すればお金は確実に増える。』といった誘惑になっています。お金を増やすことをメールでお知らせるすることはまずなく、それを誘導形式にすることもありません。合意の上でお金を払わせようとしますが、そのほとんどが強制的なものであり、騙しとなっているので注意しましょう。相手は知らない人であり、簡単にお金が稼げる方法は存在しないので、その点を知っていれば、怪しい内容に振り回されることはまずありません。別サイトに誘導し、稼げた証拠を写真やメッセージ等で示していることもありますが、それが本当であるかの確認はできないので信じないようにしましょう。

判断力を鈍らせるので注意しましょう

怪しいダイレクトメールのもう1つの特徴が、相手に考えさせる時間を与えないことです。考えて判断されては、お金を手に入れることができないので、心理的に追いつめ、何とか払わせようとします。だから、メールに『限定情報』や『後○○人だけ』、『今回限りの情報です。』といった内容になっています。また。『○○日までです。』という場合があるので、焦らせようともしてくるでしょう。騙しだと分かっていても、『もう手に入らない』や『逃すと損』といった心理が働いてしまい、ついつい騙されてしまうこともあります。これらはすべて無視することが、対策方法として有効になります。何より、相手は嘘情報によって煽ってきているだけなので、信じる必要はないです。そして、時間を空け、冷静になることで正しい判断ができます。